豊かな知識と深い洞察力で読み解く日中メディア文化

視聴者

中国のアニメ視聴者層は?

中国のアニメ視聴者層は?

■中国アニメ産業と消費調査報告

人民網日本語版によると、北京師範大学のデジタルメディア学部が2013年12月17日、『中国アニメ産業と消費調査報告』を発表したといいます。北京師範大学といえば、北京電影学院、中国伝媒大学とともに、中国ではアニメに関する主要な大学ですが、その北京師範大学がアニメ産業に関する調査研究を実施し、その成果を報告書としてまとめ、公表したというのです。

「中国のアニメ制作量は世界一」http://j.people.com.cn/95952/8490027.html

2008年から2012年までの五年間に中国のアニメ制作量は世界一、アニメーション映画の総興業収入も増加の一途を辿ってきました。ところが、中国国産アニメの一作品当たりの平均興業収入は減少しているというのです。その一方で、輸入アニメーション映画は国産の3.65倍もの興業収入を上げているといいます。政府が強力な支援策を講じているにもかかわらず、ヒット作を生み出せていないのが現状なのです。制作量が多いだけではアニメ大国とはいえません。

北京師範大学のホームページを見ると、報告書を2013年12月17日に正式に公表したことがわかります。報告書のタイトルは、『中国动漫产业与消费调查报告2008-2013』です。

すでに2012年から中国政府はアニメ制作の質の向上に向けてさまざまな政策をとっていますが、今回の調査はそのための市場調査であり、視聴者の意向調査であるといえます。人々に受け入れられる作品を制作するには、人々が何に関心を抱き、どのようなストーリーや表現に心を動かされるのか、どのようなキャラクターを好ましいと思うのか、といったようなことを把握していなければなりません。

■接触メディア

興味深いのは媒体についての調査結果です。下図はちょっと読みにくいですが、アニメ映画についての情報を知る媒体として最も多く接触しているのが、電子媒体で43.3%に及びます。

広大な地域に膨大な人口を抱える中国では今後ますます電子媒体の重要性が高まっていくと思われます。他の媒体に比べ、はるかに利便性が高いからです。電子媒体はもはや情報を得る手段としてだけではなく、情報を発信する手段としても重要な意味を持ち始めています。

この調査ではアニメ映画を見ている人の84%以上が40歳以下で、そのうちの29.8%が4年制大学以上の高学歴の人々だということがわかりました。この調査結果を踏まえて対策をとるとすれば、これまでのような子ども向けのアニメーション映画だけではなく、高学歴で成人の視聴者を対象にした作品を提供していかなければならないことがわかります。

中国が大学を基盤にアニメーション制作の基礎固めを行っているところを見ると、今後、優秀な人材が次々と誕生してくる可能性があります。次代を担う人材には、構想力や企画力、ストーリーの構築力だけではなく、コンピュータをベースとした表現力をもとめられてくるからです。アニメ先進国である日本もうかうかしていられない時代になりつつあるようです。(2014/03/20 香取淳子)