豊かな知識と深い洞察力で読み解く日中メディア文化

「アナと雪の女王」を支えた日本人アーティストたち

「アナと雪の女王」を支えた日本人アーティストたち

■大ヒットした「アナと雪の女王」

2013年11月27日に米で公開された「アナと雪の女王」は大評判を呼び、今年の米アカデミー賞の長編アニメーション部門と主題歌部門をダブル受賞しました。今年3月14日、日本でも公開され、連日、動員数を増やしていました。私も3月29日、この映画を鑑賞しました。エンターテイメント作品として非常に優れていると思いました。とくに印象に残ったのが、氷や雪、霜などの白一色の世界の表現です。

視聴後の感想はこちら。http://jc-media.org/?m=20140329

大人の鑑賞に耐えるアニメだと思った理由の一つは、識別しにくい白の世界を圧倒的な迫力で描き出した技術力でした。リアルな世界では決して見ることのできない凍てついた世界。これほどまでに美しいとは思いませんでした。感動させられたのは、この卓越した映像表現力でした。さすがディズニーだと思ったものです。

■日本人アーティストたちの仕事

沖縄タイムズ(2014/3/13)によると、久米島町出身の糸数弘樹氏がディズニー映画「アナと雪の女王」で、デザイナーの描いたスケッチを立体に起こす作業を担当していました。いわゆる3Dモデラーです。私が感動した雪や氷柱、壊れた帆船、背景の山や海岸などを担当したそうです。

糸数氏は「コンピューターソフトでつららを作ることはできるんですが、自動的に作ってしまうと、どうしても機械的な見た目になってしまうんです。アーティストのスケッチのようにはうまくできない。なので、モデラーが結局、全部手直しをして、アーティストのデザイン通りにつららを1本ずつ直していくんです。かなり地道な作業です」と語っています。(スポニチ アネックス、2014/5/4)

モデラーの仕事についてはこちら。https://www.facebook.com/permalink.php?id=433416190050585&story_fbid=489635971085301

糸数氏ばかりではありません。アニメーターとして制作に関わったのが、ミユキ・カンノ氏です。彼女が担当したのは、ヒロイン、アナです。冒頭でアナが「いつか王国を出て、世界を変えたい」と歌うシーンを手掛けました。アナがブランコに乗るシーンは自分でもブランコに乗って夫に撮影してもらい、その映像を参考にしながらリアルな動きを作り出したといいます。

さらに、マット鈴木氏は、アニマティック/レイアウトを担当しています。鈴木氏は、「もともと出身が雪国で、特に今回は雪や氷が主役クラスで描かれるので、このエフェクトのアニメーションは非常にエキサイトしています。カメラワークは責任重大。光が回らなかったりしたら、責任重大ですから。いかに美しく見せるかということを大切にしていますので、そこをぜひとも注目してもらいたいなと思います」と語っています。(スポニチ アネックス、2014/5/6)

そして、土井香織氏。彼女は3Dライティングを担当しました。苦労したのは水や氷だといいます。透明なものほどライティングは難しいといいます。土井氏は「ライティング担当は3人いるんですが、3人が全く同じライティングをしないといけない。(監督に)1コマ1コマずつチェックされて、またやり直してといった具合でした」と語っています。

以上、詳細はこちら。http://matome.naver.jp/odai/2139635800728998401

■ディズニーを支えた日本人のものづくり精神

日本人アーティストだからこそ、このように緻密な制作ができたのでしょう。徹底的に完成度を高めるという精神です。それがディズニーの作品の魅力を確かなものにしたのです。デイズニーは、”共感できるストーリー”、”魅力的なキャラクター”、”現実味のある世界”、これら3つの要素を重視して映画製作をしているといわれています。その一つである”現実味のある世界”、これを実現させたのが日本人アーティストたちだったといえるでしょう。その結果、この作品はいまなお世界中で観客を動員し続けています。歴史に残る作品になることは確かでしょう。(2014/5/8 香取淳子)

 

«