豊かな知識と深い洞察力で読み解く日中メディア文化

『アナと雪の女王』:大ヒットの背景

『アナと雪の女王』:大ヒットの背景

『アナと雪の女王』大ヒットの背景

ディズニー映画『アナと雪の女王』が興行成績を更新しています。どうしてなのでしょうか。その背景を考えてみたいと思います。

■大ヒットを更新中

『THE PAGE』2014年4月7日付の情報によれば、4月6日までの累計動員は635万を超え、興行収入は77億円以上を記録したといいます。公開24日間で動員数600万人を突破したことになりますが、これは、ディズニー作品では、歴代No.1のペースなのだそうです。これで、100億円の大台を突破することは確実となり、今後どこまで数字を伸ばすかが期待されている状況だそうです。

さらに、本稿執筆の前日、13日時点で累計765万5206人、興行収入は92億8453万6150円になったということです。これだけ急速でかつ持続的な動員力はこれまでになかったことでした。これ様子では次週末までに100億円を突破するのは確実でしょう。

私も3月29日にこの映画を見て、惹きつけられました。迫力のある音楽、リズミカルな映像のテンポ、刺激的な画面展開といった要素が大人をも引き付けて離さないのです。作品全般の構成に切れ味がよく、卓越した映像技術、音声技術によってこれまでにない見ごたえのある優れた娯楽作品になっていると思いました。

『ぴあ映画生活』(2014年3月28日)によると、この作品は公開前から予告篇の映像を見た視聴者からネットで絶賛の声があがっていたようです。もちろん、先ほど述べたように、日本でも大ヒットしています。それではなぜ、この映画がこれだけヒットしたのでしょうか、資料を踏まえて、考えてみたいと思います。

■ヒットの背景①:家族中が楽しめる

まず、制作者側はどのようなスタンスでこの映画を製作したのか、みてみることにしましょう。ディズニー・アニメーション・スタジオの副社長・アンドリュー・ミルスタインは次のような見解をしめしています。

**********

観客に敬意を表して映画作りをするように心がけています。映画は観客と対話するものですからね。だから、観る方がそれぞれに解釈できるような作品づくりを心がけています。観た人それぞれが自由に解釈できるのが優れたアートの醍醐味ですから。

***********  以上、『ぴあ映画生活』(2014年3月28日)

公開後、多くの観客がこの映画について熱く語ったと彼はいいます。それは、この映画によって観客がなんらかの体験ができたからでしょうし、大きく引き込まれる要素があったかでしょう。あるいは、何か得体のしれない感情を喚起されたのかもしれませんし、意表を突かれる何かがあったのかもしれません。だから、見終えてもこの作品について誰かと話したくなる、意見をいいたくなるのでしょう。優れた娯楽作品ならではの観客の反応だったのだと思います。

「観た人それぞれが自由に解釈することができる」という要素が大きなヒットにつながったことは確かでしょう。私が見たのは字幕版だったので、20代以上80代(?)ぐらいまでが主な観客層でしたが、吹き替え版の時間帯は家族連れが多く見受けられました。「見る人がそれぞれ自由に解釈することができる」要素があるからこそ、連続5週も興行成績一位を維持できているのだと思います。つまり、幅広い層に受ける要素を含んでいることが重要です。

ネットを検索していて、以下に示すような興味深いタイトルの記事を見つけました。

「Critical Mass : We know the kids will like  ‘ Frozen’ , but will you?」(Inside Movies, Nov. 27, 2013)

これはアメリカでの公開日に書かれた文章です。このタイトルの中には大ヒットの要件が示唆されています。つまり、動員数の限界閾値に達するには、子どもが好きだというだけではなく、大人も好きになる要素がなければならないということです。そのような要素があれば、ある一定数を超えれば、それこそ天井知らずで伸びていくことも可能になります。

実際、中の文章を読むと、この映画は子どもだけではなく、パパもママも家族中が楽しめる要素が至るところに散りばめられていると書いています。アナ(Kristen Bell)とエルサ(India Menzel)雪だるま( Josh Gad)を演じた俳優たちが著名であるだけではなく、オリジナル歌曲は、『Avenue Q』や『The Book of Morton』などでトニー賞を受賞したRobert Lopez & Kristen Anderson-Lopez夫妻が作詞、作曲を担当しているのだそうです。大人の鑑賞にも耐えるよう緻密な工夫がされているのです。

■ヒットの背景②:タイムリーでタイムレス

この映画の監督を務めたのが、Chris Buck と Jennifer Lee です。彼らはどう考えてこの映画を製作したのか、記事から紹介しましょう。

**********

Chris Buck:

ずっとファンだったから、ディズニー・クラシックがもつ娯楽性やハート、音楽、楽しさは自然に表現できるんです。だから、物語やキャラクターに現代的な要素を盛り込むことで”タイムリー”であり、”タイムレス”な作品にしたいと思いました。

Jennifer Lee:

この映画には最新のテクノロジーがいくつも使われていますが、そんなことではアニメーションは特別なものにはなりません。私たちはアニメーションの視覚的な美しさや、異世界へと誘ってくれるような表現を愛しています。だから技術が進化しても、写実的にはしないであえて色彩を豊かにしましたし、雪であってもキャラクターの感情を表現できるように描きました。

*********** 以上、http://cinema.pia.co.jp/161214/56258/

Chris Buck 監督は、タイムレスとタイムリーな要素を重視しています。これまでのディズニーが持つ普遍的な要素(タイムレス)を引き継ぎながら、現代人の心を掴む現代的な要素(タイムリー)が欠かせないというのです。つまり、時代を超えてヒトの心に響く要素とその時代だからこそヒトの心をとらえられる要素が重要だというのです。

Jennifer Lee 監督も同様、過去のディズニー作品の要素を生かしながら、現代の観客の心を捉えられる作品づくりを目指したといいます。

興味深いのは、映画レポーターのTodd McCarthyがこの作品について以下のように述べていることです。

**********

この映画でもっともイライラさせられ続けたのは、脚本家の、主人公アナのセリフへのこだわりである。アナのセリフが一般的なアメリカのティーンズの口調をまねて作成されており、「you know」とか「freaked out」というようなセリフ、それ以外にも両親や姉エルサが使わないようなセリフが多かったことだ。アナはいったい、どこでそんなセリフを覚えたのだろうか?

**********

以上、http://hollywoodreporter.com/movie/frozen/review/652699

たしかに、一般庶民と接触せずに生活してきたアナがどうして、両親や姉エルサが使わないような言葉を口にしているのか、考えてみれば不思議です。この点について、字幕か吹き替えで視聴している日本人はそれほど気にならなかったと思いますが、このレポーターはそれが気になったようです。現代的要素を加えようとしたあまり、一部の観客には不評を買った側面もあったのではないでしょうか。

また、彼は主人公のアナとエルサの顔についても違和感を覚えています。他のキャラクターの顔はそうでもないのに、主人公二人が人工的で大きすぎる頬に小さな上向きの鼻の無邪気な顔をしているが、それはいかにも作り物っぽく見えるし、無表情で、慣れるのに時間がかかるともいっています。

私もこの映画を見たとき、アナとエルサの顔のデザインに違和感を覚えました。なかなか馴染めなかったのですが、時間が経つとかえって、この特異な顔が魅力的に見えてきたのです。

いわゆる「美しい」や「可愛い」顔ではなかったのも、ひょっとしたら、制作者側の意図だったのかもしれません。実際、私自身、主人公の顔に違和感を覚え、画面を注視しないわけにいかなかったのです。注視し続けてようやく、違和感から魅力への印象転化が可能になったのです。

 

■ヒットの背景③:これまでとは違った悪役の創出と配置

Jennifer Lee 監督にはストーリーやキャラクター設定にもこだわりがあったようです。

***********

もちろん、最初はエルサは悪役でした。基にしたアンデルセンの童話でもそうなっていますしね。でも、私たちが最も描きたいものは”愛”と”恐れる心”の対立で、魔女的なものを登場させると、どうしても”善と悪の対立”になってしまうんです。・・・(略)

思い切って”魔女”の要素を排除したら、急に自由度が増して”愛と恐れる心の対立”が現代の問題として描けるようになりました。

***********  以上、http://cinema.pia.co.jp/161214/56258/

このようにしてディズニー作品では定番だった魔女が悪役として主要な役割を演じることはなくなりました。ディズニーの伝統を踏まえながらも、陳腐になりがちで、現代人の心に響かない要素は排除したのでしょう。

ディズニー映画から典型的な悪役を排除したことに関し、Moira Elizabeth Mannard は、それがこの映画の成功の要因の一つだとエッセイで書いています。つまり、貴族であり、魅力的に見えるハンスは誰が見ても悪役には見えません。だからこそ、アナが留守中の城や住民の保護管理を頼んだのでした。それが最後になって実はそうではなかったということがわかります。そのようなぎりぎりのどんでん返しが興を呼んだというのです。

■ヒットの背景④:狂言回しの創出

さらに彼女は、雪だるまのオラフの設定が秀逸だったといいます。コミカルで場を和ませるだけではなく、「真の愛」に至るまでの展開で重要な役割を果たすからです。

 

 

オラフについて彼女は、子ども観客に向けて作られたキャラクターであり、子どものころのアナとエルサが作ろうとしていたものだといいます。

いわれてみれば、たしかに、ストーリーの最初で大きな役割を果たしたのは雪だるまでした。その後、アナがエルサを探す旅に出かける途上で出会ったのが雪だるまのキャラクター、オラフでした。以後、クライマックスに至る過程、物語の収束に向けての過程でもオラフは重要な役割を果たすキャラクターとして設定されています。

雪だるまのオラフは、熱くなればすぐにも溶解してしまい、常温でも存在できない異様なキャラクターです。それが一種の狂言回しとしてこの物語を展開させていくという役回りを担わされているのです。そこにこの映画の成功の秘訣の一つがあったとみるのは納得できます。とにかく、実際に見ていて、面白いし、このオラフが登場するだけで画面が和みます。

劇場で笑い声がおこるのも、オラフが登場したときでした。オラフのセリフ、一挙手一投足に異次元の可笑しみがあります。だからこそ、登場するだけで、観客の緊張は一気にほぐれ、溜まっていた感情が発散されてしまいます。優れた娯楽作品ならではのキャラクターの魅力とヒトの感情を喚起する力があります。

■大ヒットの秘訣

実際に映画を見たときに気持ちを踏まえ、さまざまな資料に基づき、この映画の大ヒットの秘訣を探ってみました。現時点では、とりあえず、①家族中で楽しめる、②普遍性と現代性、③新しい悪役の創出と物語の中での配置、④狂言回しの創出、等々、4つの要因がこの映画のヒットの背景にあることが考えられます。(2014/4/14 香取淳子)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »