豊かな知識と深い洞察力で読み解く日中メディア文化

中国アニメ

アニメの影響:制作会社はどこまで責任を負うべきか?

アニメの影響:制作会社はどこまで責任を負うべきか?

■『喜羊羊与灰太狼』

今年もまた1月16日に、中国全土でアニメ映画『喜羊羊与灰太狼之飞马奇遇记』が公開されました。ここ数年来、『喜羊羊与灰太狼』シリーズは正月になると公開され、毎回、大ヒットしてきました。国産アニメでは唯一といっていいほどの人気アニメだったのです。ところが、どうやら今年はそうではないようです。豆瓣(2005年に開始された中国のSNS)での評価を見ると3.8で、これまでになく低いものでした。評価者の一人は、ロジックは混乱しており、場面は嘘っぽく、笑いもこなれていない、これでは子どもたちに何を伝えたいのかわからない、と書いています。

 喜羊羊与灰太狼之飞马奇遇记( 2014 )

http://movie.mtime.com/206465/

■アニメ批判

実は、2013 年4月6日、中国では8歳と5歳の子供が人気アニメ『喜羊羊与灰太狼』のシーンを真似して友達に大怪我をさせてしまった事件がありました。以来、アニメの暴力シーンに対する批判が高まっていたのです。 ブロガーの百元籠羊氏はこれに関連して、中国国営放送のCCTVがアニメの悪影響についての番組を放送したことを明らかにしています。CCTVがアニメの「七つの大罪」として挙げていたのが、以下の内容であり、(  )内はその例とした挙げられた放送番組です。

****************

暴力を誘導する(喜羊羊と灰太狼)

身体の怪我や損壊を誇張して表現する(トムとジェリー)

「火遊び」の危険の軽視(トムとジェリー)

言葉が文明的ではない(中国国産アニメ「熊出没」)

悪ふざけ(クレヨンしんちゃん)

着飾って成人化する(セーラームーン)

ポルノを暗示(クレヨンしんちゃん)

*********************

上記の詳細はこちら。http://kinbricksnow.com/archives/51862073.html

たしかに、日本でも「クレヨンしんちゃん」や「セーラームーン」が放送された当初、子どもへの悪影響が心配されたものでした。父母やPTAはこれらの番組にクレームをつけたのですが、子どもたちは見たがっており、一般の人々も大半が視聴についてはそれぞれの家庭で管理すればいいという意見でしたから、放送中止にはなりませんでした。もちろん、内容が修正されることもありませんでした。 ところが、中国ではこの暴力事件を契機としてアニメの子どもへの悪影響を心配する声が高まり、ついには国営放送CCTVが取り上げるほどになったのです。

■問われるアニメ制作会社の責任

ブロガーの百元籠羊氏は2014年1月20日、人気アニメ『喜羊羊』の真似をして子どもが友達に大怪我をさせた件で、制作会社がその責任を問われて告訴され、第一審の結果が出たことを報告しています。制作会社にはなんと原告の被害額の15%に相当する約3万9000元(日本円:約67万円)を賠償するよう命令が出されたのだそうです。これについてはネット上で様々な意見が寄せられました。制作会社ではなく保護者の責任ではないか、というものから、こんなことで規制されるなら、武侠モノもダメではないか、というもの、アニメ会社も子ども向けということを忘れて安易な表現に走りすぎていたというもの、実に多様な意見が寄せられています。

詳細はこちら。http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82003

制作会社はアニメの影響について責任を持つべきという意見から、持つ必要はないという意見まで、さまざまな見解があることがわかります。ですが、事件の発生によって、アニメの影響に対する関心が高まり、大多数の意見が内容規制の方向に収斂していったことは事実でしょう。今年の『喜羊羊与灰太狼』映画の評価が例年のほどかんばしくなかったのは、ひょっとしたら、子どもたちの気持ちを手っ取り早く惹き付ける要素が希薄になっていたからかもしれません。

■子どもに対するメディアの影響

子どもに対するメディアの影響は古くて新しいテーマです。とくに暴力シーンの影響については、1960年代から1980年代までのアメリカでさまざまな観点から数多くの研究が実施されました。暴力シーンを見た子どもはそれを模倣し、暴力行為を働くようになるのだろうか。それが最大の関心事だったのです。

実験的研究から実態調査研究、参与観察研究などさまざまな研究の結果、子どもの年齢によって影響の度合いは異なるというもの、暴力シーンは暴力行為の単なる引き金にすぎないというもの、  記憶に蓄積されて後年、発現するというもの、暴力を容認する価値観が醸成されやすいというもの、カタルシス効果があるというもの、研究成果もまたさまざまでした。程度の差はあれ、暴力シーンが子どもになんらの影響をもたらすことは確かだといえます。

それではどうすればいいのか。子どもをメディアの影響から守るという点では、見せないこと(規制)によって守るという方法と、見せるが見せ方に工夫することによって守るという方法があると思います。見せないことによって守るという方法では、その反動でいつか見たときの影響が大きくなるかもしれません。また、いつまでも見せない環境下に子どもを置いておくこともできません。

それでは、規制をせずに自由に見せるが、見せ方に工夫することによって、子どもを守るという方法はどうでしょうか。私が考える方法は、保護者が子どもと一緒にアニメを視聴するというものです。一緒に見ていれば、子どもがどのシーンにどのような反応をしているのかわかりますし、暴力シーンなど、ネガティブな影響があると思われるシーンでは、保護者が批判的に視聴してみせることもできます。そのような経験をすると、子どもはアニメのシーンを無批判に受容するのではなく、保護者の価値観とセットでそのシーンを受容するようになります。ですから、子どもがアニメの影響をストレートに受けることの弊害は少なくなると思います。

ただ、この方法は保護者との信頼関係が築き上げられている場合、そして、保護者に時間の余裕がある場合に有効です。実際にはそうではない場合も多々あるでしょう。ですから、子どもにネガティブな影響を与える可能性のあるアニメについては、幼稚園や保育園などの公的な場で、教材として取り上げ、批判的に視聴する機会を持つようにするのがいいのかもしれません。

いずれにせよ、子どもたちは国境を越えて自由に情報が行き交うインターネットの時代を生きています。メディア規制がきわめて難しくなっている環境下で成長していかざるをえないのです。そのような現状を考えれば、規制するよりはむしろ、メディアリテラシーを養っていくことの方が現実的な対応ではないかと思います。(2014/3/31 香取淳子)

 

 

 

 

 

中国のアニメ視聴者層は?

中国のアニメ視聴者層は?

■中国アニメ産業と消費調査報告

人民網日本語版によると、北京師範大学のデジタルメディア学部が2013年12月17日、『中国アニメ産業と消費調査報告』を発表したといいます。北京師範大学といえば、北京電影学院、中国伝媒大学とともに、中国ではアニメに関する主要な大学ですが、その北京師範大学がアニメ産業に関する調査研究を実施し、その成果を報告書としてまとめ、公表したというのです。

「中国のアニメ制作量は世界一」http://j.people.com.cn/95952/8490027.html

2008年から2012年までの五年間に中国のアニメ制作量は世界一、アニメーション映画の総興業収入も増加の一途を辿ってきました。ところが、中国国産アニメの一作品当たりの平均興業収入は減少しているというのです。その一方で、輸入アニメーション映画は国産の3.65倍もの興業収入を上げているといいます。政府が強力な支援策を講じているにもかかわらず、ヒット作を生み出せていないのが現状なのです。制作量が多いだけではアニメ大国とはいえません。

北京師範大学のホームページを見ると、報告書を2013年12月17日に正式に公表したことがわかります。報告書のタイトルは、『中国动漫产业与消费调查报告2008-2013』です。

すでに2012年から中国政府はアニメ制作の質の向上に向けてさまざまな政策をとっていますが、今回の調査はそのための市場調査であり、視聴者の意向調査であるといえます。人々に受け入れられる作品を制作するには、人々が何に関心を抱き、どのようなストーリーや表現に心を動かされるのか、どのようなキャラクターを好ましいと思うのか、といったようなことを把握していなければなりません。

■接触メディア

興味深いのは媒体についての調査結果です。下図はちょっと読みにくいですが、アニメ映画についての情報を知る媒体として最も多く接触しているのが、電子媒体で43.3%に及びます。

広大な地域に膨大な人口を抱える中国では今後ますます電子媒体の重要性が高まっていくと思われます。他の媒体に比べ、はるかに利便性が高いからです。電子媒体はもはや情報を得る手段としてだけではなく、情報を発信する手段としても重要な意味を持ち始めています。

この調査ではアニメ映画を見ている人の84%以上が40歳以下で、そのうちの29.8%が4年制大学以上の高学歴の人々だということがわかりました。この調査結果を踏まえて対策をとるとすれば、これまでのような子ども向けのアニメーション映画だけではなく、高学歴で成人の視聴者を対象にした作品を提供していかなければならないことがわかります。

中国が大学を基盤にアニメーション制作の基礎固めを行っているところを見ると、今後、優秀な人材が次々と誕生してくる可能性があります。次代を担う人材には、構想力や企画力、ストーリーの構築力だけではなく、コンピュータをベースとした表現力をもとめられてくるからです。アニメ先進国である日本もうかうかしていられない時代になりつつあるようです。(2014/03/20 香取淳子)